好きなタイプ

好きなタイプ

婚活で、よく好きなタイプは?と聞かれます。これにはっきりと答えられるようにしましょう。この質問に答えられないのは、またはざっくりとした答えしか持っていないのは、自分をよく理解していない証拠です。と、同時に中々良い相手を見つける事が出来ない要因です。

好きなタイプが決まっておらず、特にないとか、優しい人、みたいな答えしか持ち合わせていない人に限って中々結婚できません。誰でも良い、は誰でも良くないと同じ意味。付き合う相手、または結婚する相手に対して、誰でも良い的な答えではダメです。それは相手にも失礼ですし、今までの自分の恋愛傾向を学べていない良い証拠。婚活の前に、まずはタイプをしっかり固めましょう。

ちなみに私は、背が高くて身体がごつくて中肉以上で人見知りでぼそぼそしゃべる猫背の長男が好きです。というより、こういう男性以外と付き合ったことがありません。あえて選んでいる訳ではないのですが、すべてこういう人です。

そんな私は二十七歳で結婚しました。勿論、背が高くて(…以下略)な男性です。自分と言う人間にブレがない限り、そんなに好みなんて変わらないものです。特に年齢を重ねて、経験も多くなれば自然と好きなタイプは決まって来る筈。今までに付き合った人の写真、または好きになった人の写真を並べて比較してみて下さい。どんな傾向があるのか。背は高いのか低いのか、太っているのか痩せているのか、何でもいいです。とにかく特徴を探して下さい。

もし、今までの傾向がバラバラという場合。それはますあなた自身が定まっていない証拠。まずあなた自身、しっかりと自己を形成し、状況や他人に振り回されない事。婚活したいならです。あなたがフラフラしていたら、婚活なんて意味無いですよ。

男も女も世の中に沢山います。そこから一人の相手を見つけなければならないのだから、せめてヒントぐらい自分で出さないと。婚活が迷路にならないように、ますは自分で自分に道しるべを作っておきましょう。

神戸 お見合いパーティー

未婚者の見直しと研究

婚活前に。今一度周りの未婚者を見直してみませんか?本当に、身近には自分の相手になりそうな人はいませんか?絶対に?

本当は、付き合う相手や結婚相手は、身近な人が良いと思います。同じ職場、同級生、同じ趣味。人は同じものがあればある程相手を身近に感じる事ができます。婚活の場合、それらを絞れない事も無いですが、殆どは相手のことを知らずに会わなければならないのが、難しいところです。

逆に、そういった全くの未知の出会いの場から、同じような感覚の人と巡り合うのは非常に良い事だと思います。全くゼロの関係から、そういう同じ感覚の人に出会うと会話は盛り上がるし、何よりも、もっと相手の事を知りたくなります。他にも何か同じところがあるのかな、とかどうして同じ考えを持つのだろう、とか。そしてそう考えている間に、気付けば恋に落ちていく。

ただ、可能性の問題。身近にいる人間の方が同じ感覚をもった人間が多いだろうという可能性の問題です。婚活だと、まずそれを探すとこから始めなければならない。見落としは無いか、忘れ物はしていないか、という出発前の確認をして欲しいのです。

もう一つ。未婚の人を研究対象にしてみましょう。なぜあの人は結婚出来ていないのだろう、と勝手に分析してみましょう。非常に勝手な分析ですが、そういった分析は自分にも当てはまる筈。婚活より前に一度自分を見直すにはちょうど良い作業です。

婚活するからには身近に良い相手がいないという状況だからこそでしょうが、だからといって身近な人間から何も学べない訳では無いし、可能性が無い訳ではないと思います。何年も友達だったのが急に恋人になることだってあり得る。それだって素敵な事。だから一回見直して欲しい。あなたの周りには好きになれそうな人はいませんか?

婚活するからってすぐに良い出会いがある訳じゃないし、出会ったからって上手くいくとは限らない。というより、それは身近な人と付き合うよりは長い道のり。だから根気良く待つ、という根性だけは準備して下さい。

未婚者からも色々学びとってみて下さい。色々な人を見て研究してみて下さい。研究結果は必ずしやあなたの婚活に生きてくるでしょう。